開運さんぽ
九星の基本  
 本命(生まれ年)の九星は、九星暦で確認します。
 1月生まれの人は、2月3日までが、前年の九星と間違えないようにして下さい。

 以下、九星の読み・配置・五行・方位・八卦・傾斜・吉凶の方位を知る基本的な事柄を期しています。




































































































西


西
西


















































 





 九星盤で見る停滞・衰運期 ※各九星が中宮した時の配列併記
中宮

坎宮(小厄)

 九星の動き
 九星は、日々変わりますが、吉・凶の方位も変わります。
 年・月・日の中宮する九星と干支が分かれば、吉・凶の方位も直ぐに分かります。

 左の図は、九星の動きを現したものです。

 指の平の関節を碁盤の目になぞらえ、中指の
 真ん中を起点にした順番を表記しています。
 
 上記の九星後天盤と比較すれば、動きが同じ
 なのが分かると思います。

 実際には親指の平で1〜9までのなぞって行き
 ます。
 なぞる順番は変わりません。
 上記の九星後天盤と対比・確認しながら繰り
 返し行ってください。
 20〜30回も繰り返せば、指が覚えます。

 上記の応用編です。

 左図は、順番・干支・方位を表記しました。

 上記で九星の動きを体感で覚えたら、

 基本の十二支

 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

 の配置を覚えて下さい。


 年・月・日の中宮す九星と干支が分かれば、
 吉・凶の方位が分かります。



 その他(読み)

十 干(じっかん)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10








































十二支
( 読み・方角 )
10 11 12



















西
西

西
西 西

西


西




inserted by FC2 system