開運さんぽ

参拝作法

 参拝をする前の作法


 拝殿で拝む前の作法


 御祈祷を受ける際の作法


 参拝の作法
 鳥居をくぐる前に鳥居の前で一礼を行います。
 参道を歩く時は、両端の何れかを歩きます。
 参道の中央は、「正中」といい、神様の通り道になっています。
 手水で、手と口を清めます。
 御神威を頂くために、先ず自ら「心身の清浄」につとめることをから始まります。
 まず、手水舍(てみずや)で「心身の浄化」のために手水を行います。

 拝殿前では、2拝2拍手を行い、祈願します。
 神社での参拝方法は、二拝二柏手を基本としています。
 柏手は柏の葉のように両手の指を揃えて打ち合わせるので、一般には(かしわで)を
打つなどといわれています。拝(はい)もまた今日では敬礼作法の一つ

 又は、御祈祷をお願いします。
 神社で祈願するときやお祭りを行うときには、神様に玉串という榊(さかき)の枝を捧げ
ます。
 神前に進み、玉串を通して自らの誠の心を捧るとともに、神さまのお陰を頂きます。

 ※参拝方法(手水の作法・拝礼の作法・玉串拝礼の作法) 神社本庁
5  「おみくじ」は、神殿での参拝を終えた後に引きます。
 参拝を終えた後、鳥居をくぐってから鳥居の前で一礼を行います。

 神社へ参拝を行った方が良い時期など
 ・代表的な人生儀礼 ※宮詣・初節句・七五三・成人式・年祝い
 ・空亡・厄年・小厄・暗剣殺・歳破が付く歳は、お祓いをします。※厄除
 ・転居・移転や海外旅行などで凶方位を用いた時。※方災除け
 ・お願いごとをした時は、叶う叶わないの別なく願解きをします。※報賽
 ・吉方位にあたる日を選びます。
 ・参拝は、なるべく午前中に済ませます。

 大祓い
 ・ 6月30日:夏の大祓い

 ・12月31日:年越しの大祓

茅の輪くぐり
茅の輪を3回潜り抜け、無病息災を祈ます。
 大祓いは、毎年6月と12月の年2回執り行われます。
 半年間についた穢れや不浄を取り払い、無病息災を祈る儀式です。
 神殿の前に設けられた茅の輪を3回くぐり抜け無病息災を祈ります。
  ※年越しの大祓いは、31日大晦日と重なる為、30日(晦日)に行う神社もあります。
 大祓い祈祷もありますので、御神札をいただいた時は神棚にお祀りします。
 神社の年中行事・ほか

 神社での御祈願 祈願文(参考)
 拝殿前で各自でお願いされる方は、具体的なお願いをされます。
 拝殿で御祈願をお願いされる方は、祈願文が要約され読み上げられます。
 下記「祈願文」で分からない・迷った時は、受付で簡潔に説明して下さい。
 お願事を具体的に表現したくない・避ける時は、「心願成就」でお願いして下さい。
 「心願成就」でお願いした時でも、心の中で具体的に祈願内容を唱えます。
祈願文









 ・




















































































 ・



































































 神社に参拝した時に、各個人が奏上する詞
















































さし


























く 




 



















まし




















しき











とな













































































































































 












りて







































 神社へ参拝をしてはいけない時期など。
 ・服忌の期間 ※喪中の期間
 ・凶殺方位、五黄殺・暗剣殺・歳破・月破・日破での参拝。
 ・夕方(15時)以降の参拝。
 ・邪念を抱いている時。※本人に自覚はないかもしれません。


 神社での参拝作法・儀礼・祭祀
 人は、なぜ神社へお参りに行くのか?
 初詣だから、厄年だから、とかく機会や縁あって、神社へ参拝されるはずです。
 純粋な信仰として参拝される方もいます。
 景気が悪くなると参拝者が増え、景気が良くなると参拝者が減る、
 単純にご利益を授かりたい、ご利益信仰の人も多くいます。
 希望・目標を叶えたい、悩み・病気などを解決したいなど、様々な願いを抱え参拝します。
 参拝や御祈願は、叶える為に行うものです。
 暗い感情や不安をばかりを抱いて参拝をしないように心掛けます。
 願いが、叶う・叶わない、先の事であり、それに向かい努力することも大切です。 
 参拝者の多くが、こうした思いや願いを残して帰ります。
 こうした願いや思いは、本人以外ではある意味、負(陰)の作用を持ちます。
 思いと共鳴すると負の作用を持ち帰ることがあります。
 参拝は、吉方になる日を選び午前中に参拝やご祈祷を済ませるようします。

 参拝時の最低限のマナーとして、参拝の作法や儀礼は心掛けておきたいものです。
 ※神社への参拝を避ける時期、「服忌」などにも注意して下さい。










お伊勢参り


inserted by FC2 system