開運さんぽ

 正月事始め

 神 具

神棚の種類
 年賀状印刷・はがき印刷・写真印刷、パソコンいらず

カシオ ハガキ&年賀状&フォトプリンター
プリン写ル PCP-2300
 かんたん年賀状作成ソフト

かんたん年賀状ソフト 筆まめVer.27 通常版


 正月事始め(1/2)  
 正月事始め(正月行事)
 鏡餅、丸い餅は家庭円満の象徴
 鏡餅は、大小の丸い餅を重ねて出来ており、
 橙〔だいだい〕、譲葉〔ゆずりは〕、昆布、シダの葉などで飾ります。
 鏡餅は歳神様のご神体であると考えられ、丸餅は"望月〔もちづき〕(満月)"に通じ、
 その丸い形から家庭円満を象徴するとも考えられ、縁起物としてお正月に飾られました。
 ※裏白の葉…シダの葉のこと。表面は緑色だが、裏面は白く、裏を返しても色が白いことか
  ら、心に裏が無いことや清廉潔白意味し。また白髪になるまでの長寿を願う意味もある。

 正月事始め、師走の日程
12月 大雪  12月「大雪」より月替わり
12月13日
頃から
 正月事始め
 この頃より大掃除を始め、お正月の飾り付けなどの準備を行います。
 神棚・仏壇・お墓の清掃
12月中旬前後  陽遁始め ※日の九星の順が変わります。
12月下旬  官庁御用納め
帰省
年越し旅行
 方位にと月替わりに注意  
12月28日  「8」は末広がりを意味するので、お飾りに最適とされています。
 神棚・仏壇・お墓・門と玄関の飾り付け
 鏡餅・しめ縄・松飾など
12月29日  「29」から二重苦、九が苦につながり、忌避されています。
12月30日  旧暦では一夜餅として神様に誠意がないと忌避されています。
 ※大納会
12月31日  一夜飾り・一夜餅は、
 神様を疎かにする・誠意がないとされ忌避されています。
 師走の大祓い *茅の輪潜り・夏越の大祓い・大祓いは年2回。
1月 1日
(元旦)
 初詣 元旦から3日まで
 氏神様への参拝
 ※氏神の御神札は、1〜3日に受けることが出来ます。
1月上旬  官庁御用始め ※大発会
1月「小寒」  「小寒」より月替わり
1月 7日  七草粥 ※七草をお粥にして食べると無病息災になる縁起担ぎ。
1月11日  鏡開き・鏡割り、
 お正月に飾って硬くなった鏡餅を金づちなどで叩き割ること。
 鏡餅には、歳神様が宿っているされ、神様と縁を切らないようにと
 「割る・叩く」を使わず開く、「鏡開き」の所以です。
 鏡餅を食べることを「歯固め」、固いものを食べて歯を丈夫にする
 意味で、歳神様に健康長寿を願う意味もあります。
1月中旬以降  冬の土用は、2月3日節分まで
2月3日  節分 ※豆まき・恵方巻
2月「立春」以降
(年替わり)
 2月(立春)以降が、月替わり&年替わりです。
  ※2月3日(節分)迄は1月の暦(月盤)で見ます。
  ※年盤も、2月節分までを前年の年盤でみます。

 干支と株価
 年の初めに気になることといえば、自分や家族の運勢だと思いますが、
 会社員や自営業なら、多少でも景気は気になるはずです。
 景気は、心理的要因にも作用します。
 投資をする・しないに関わらず、街角景気は良くなるか悪くなるかくらいの参考にはなります。








 経済誌は、1年を通して購読すれば役立ちます。
 2年目以降は、題材の傾向が推察できるので、関心のある号を読めば為になるかもです。 
九星歴  

inserted by FC2 system