shinngu

開運さんぽ

神社の区分・一之宮
 ・氏神様と崇敬神社の違い
 ・全国一之宮一覧
 ・神社信仰と総本山
 ・祭神による神社の区分


 ※参考
 氏神様と崇敬神社の違いについて (神社本庁)
 全国の神社については、皇祖(こうそ)天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする伊勢の神宮を別格の御存在として、このほかを氏神神社と崇敬神社の二つに大きく分けることができます。
 氏神神社とは、自らが居住する地域の氏神様をお祀りする神社であり、この神社の鎮座する周辺の一定地域に居住する方を氏子(うじこ)と称します。
 元来は、文字通り氏姓を同じくする氏族の間で、自らの祖神(親神)や、氏族に縁の深い神様を氏神と称して祀ったことに由来し、この血縁的集団を氏子と呼んでいました。現在のような地縁的な関係を指しては、産土神(うぶすながみ)と産子(うぶこ)という呼称がありますが、地縁的関係についても、次第に氏神・氏子というよびかたが、混同して用いられるようになりました。
 これに対して崇敬神社とは、こうした地域や血縁的な関係以外で、個人の特別な崇敬等により崇敬される神社をいい、こうした神社を信仰する方を崇敬者と呼びます。神社によっては、由緒や地勢的な問題などにより氏子を持たない場合もあり、このため、こうした神社では、神社の維持や教化活動のため、崇敬会などといった組織が設けられています。
氏神神社と崇敬神社の違いとは、以上のようなことであり、一人の方が両者を共に信仰(崇敬)しても差し支えないわけです。

 氏神様について (東京都神社庁)
 それぞれの地域に密着した、大切な守り神である氏神さま。ここでは古代から現代までの氏神さまの歴史をご説明いたします。
 古い時代、氏神さまとは血縁関係にある氏族が共通におまつりする神さまのことで、その氏族の祖先神であったり、氏族にかかわりの深い神さまであったりしました。
 祖先神としては、中臣氏(なかとみし)が天児屋命(あめのこやねのみこと)を、忌部氏(いんべし)が天布刀玉命(あめのふとたまのみこと)をおまつりしています。祖先神以外では、物部氏(もののべし)が神剣に象徴される布都御魂(ふつのみたま)を、さらに奈良時代になると、藤原氏が鹿島や香取、春日の神さまなどを、氏神さまとして信仰するようになりました。
 時代が下ると、その地域の土地をお守りする産土神(うぶすながみ)や鎮守(ちんじゅ)さまとのはっきりした区別がなくなり、これらの神さまを合わせて氏神さまとしておまつりすることが多くなっています。
 氏神さまに対し、その氏神さまを信仰している人々を氏子(うじこ)といいます。氏子は人生儀礼などの際に氏神さまをお参りし、健やかで幸せに暮らせるよう祈願します。
 古い時代の氏子とは、血縁関係にある一族のことを指していましたが、その氏族の土地に暮らし、氏族と一体となって暮らしを営んでいる人々も含めて氏子と称するようになりました。現在ではさらに広義にとらえ、その氏神さまの周辺の地域に居住している人々や、お祭りなどの儀礼に参加する人たち全体を氏子と呼んでいます。


諸国の一ノ宮一覧図

 全国の神社信仰と総本社
信仰 末社数  総本山
 八幡信仰   7,817社  宇佐神宮(大分)
 伊勢信仰  4,425社  伊勢神宮内宮(三重) ※新明神社・皇大神社
 天神信仰  3,953社  大宰府天満宮(福岡)
 稲荷信仰 , 2,970社  伏見稲荷大社(京都)
 熊野信仰  2,693社  熊野三山(三重県)
 ・熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社
 諏訪信仰  2,616社  諏訪大社(長野)
 上社:本宮・前宮  下社:秋宮・春宮
 祇園信仰  2,299社  八坂神社(京都)
 白山信仰  1,893社  白山比盗_社(石川) (しらやまひめじんじゃ)
 日吉信仰  1,724社  日吉大社(滋賀県) ※旧ヒエ・新ヒヨシと読む。
 春日信仰  1,072社  春日大社(奈良)
 愛宕信仰   872社  愛宕神社(京都)
 三島大山祇神社   702社  大山祇神社(愛媛)
 鹿島信仰   604社  鹿島神宮(茨木)
 金毘羅信仰   601社  金刀比羅宮(香川) ※金毘羅とも呼ぶ
 住吉信仰   591社  住吉大社(大阪)
 大歳信仰   548社  葛木御歳神社(奈良) ※かつらぎ みとし神社
 厳島信仰   530社  厳島神社(広島)
 貴船信仰   463社  貴船神社(京都)
 香取信仰   420社  香取神宮(千葉)
 浅間信仰   397社  富士山本宮浅間大社(静岡)
 熱田信仰    熱田神宮(愛知)
恵比寿信仰
 西宮神社 えびす宮総本社(兵庫)
 ・今宮戎神社(大阪)・恵美須神社(京都)
 祭神による神社の区分
 神話の神々・土着の神・習合神を祀る神社
 天照皇大神  伊勢神宮(三重) 
 大国主大神  出雲大社(島根)
 土着の神  二荒山神社(栃木) 
 寒川神社(神奈川)
 習合神  八坂神社(京都)
 金刀比羅宮(香川)
 人を祀る神社
 天皇・皇族  明治神宮(東京)
 平安神宮(京都)
 橿原神宮(カシハラ・奈良)
 菅原道真  北野天満宮(京都)
 大宰府天満宮(福岡)
 平将門  神田神社(東京)
 柿本人麻呂  柿本神社(島根・兵庫)
 崇道天王
 伊予親王
 御霊神社(御霊信仰)
 安倍晴明  晴明神社(京都)
 源義経  白旗神社(神奈川)
 源頼朝  白旗神社(神奈川)
 楠木正成  湊川神社(兵庫)
 前田義貞  藤島神社(福井)
 豊臣秀吉  豊国神社(京都)
 前田利家  尾山神社(石川)
 上杉謙信  上杉神社(山形)
 武田信玄  武田神社(山梨
 徳川家康  日光東照宮(栃木)
 水戸光圀  常盤神社(茨城)
 本居宣長  本居神社(三重)
 二宮尊徳  報徳二宮神社(神奈川)
 吉田松陰  松陰神社(東京)
 西郷隆盛  南洲神社(鹿児島)
 楠木希典  乃木神社(東京)
 戦没者  靖国神社(東京)
 護国神社(全国)

 えびす講(えびす祭り・えべっさん)

 えびす神(えびす・恵比寿・恵比須)を祭り五穀豊穣・商売繁盛・大漁などを祈願する祭礼。  神社や地域により旧暦10月20日や1月20日、十日えびすとして1月10日や1月15日など。

 




inserted by FC2 system