開運さんぽ

正月事始め
 正月事始め

 正月事始め(正月行事) 
 鏡餅、丸い餅は家庭円満の象徴
 鏡餅は、大小の丸い餅を重ねて出来ており、
 橙〔だいだい〕、譲葉〔ゆずりは〕、昆布、シダの葉などで飾ります。
 鏡餅は歳神様のご神体であると考えられ、丸餅は"望月〔もちづき〕(満月)"に通じ、
 その丸い形から家庭円満を象徴するとも考えられ、縁起物としてお正月に飾られました。
 ※裏白の葉…シダの葉のこと。表面は緑色だが、裏面は白く、裏を返しても色が白いことか
  ら、心に裏が無いことや清廉潔白意味し。また白髪になるまでの長寿を願う意味もある。

 正月事始め、師走の日程
12月 大雪  12月「大雪」より月替わり
12月13日
頃から
 正月事始め
 この頃より大掃除を始め、お正月の飾り付けなどの準備を行います。
 神棚・仏壇・お墓の清掃
12月中旬以降  陽遁始め ※日の九星の並び順(昇順)が変わります。
12月28日  「8」は末広がりを意味するので、最適とされています。
 神棚・仏壇・お墓・門と玄関の飾り付け。
  ※しめ縄・鏡餅・松飾り・鏡
12月29日  「29」から二重苦、九が苦につながり、忌避されています。
12月30日  旧暦では一夜餅として神様に誠意がないと忌避されています。
12月31日  一夜飾り・一夜餅、
 神様を疎かにする・誠意がないとされ忌避されています。
 冬超しの大祓い (茅の輪潜り)
 ※大晦日と重なる為、神社によっては30日もあります。
1月 1日
(元旦)
 初詣
 元旦から3日まで
 古いお札やお守りは、納札所に納めます。
 氏神様への参拝
 ※氏神の御神札は、1〜3日に受けることが出来ます。
1月「小寒」  「小寒」より月替わり
1月11日  鏡開き・鏡割り、
 お正月に飾って硬くなった鏡餅を金づちなどで叩き割ること。
 鏡餅には、歳神様が宿っているされ、神様と縁を切らないようにと
 「割る・叩く」を使わず開く、「鏡開き」の所以です。
 鏡餅を食べることを「歯固め」、固いものを食べて歯を丈夫にする
 意味で、歳神様に健康長寿を願う意味もあります。
1月中旬以降  冬の土用は、2月節分まで
2月「立春」以降
(年替わり)
 2月」立春」以降が、月替わり&年替わりです。
 ※2月の節分までを1月の暦(月盤)で見ます。
 ※年盤も、2月節分までを前年の年盤でみます。


 おせち(お節)料理に込められた意味や由来

 伝統的なお節料理には、縁起の良い意味や願いが込められています。
 また、日もちのするものがおせち料理の献立の基本となっています。  
 「黒豆」
 「まめに働く」などのごろ合わせとともに健康・上部を願う。
 黒豆「黒くまめまめしく」という語呂合わせから、黒く日に焼けるまでマメ
 に働いて暮らせるようにと健康を祈る意味が込められています。
  「まめに暮らす=元気に暮らす」という意味もあるようです
 「栗きんとん」
 黄金に輝く財宝に喩えて、豊かさと勝負運を願う食材。
 栗きんとん「栗金団」と書くことから、金運を招く。繁盛、繁栄。
 「かまぼこ」
 日の出を象徴する料理として、元旦に欠かせない品。
 紅白かまぼこ紅白はおめでたさの象徴としてお祝い事全般に使われす。
 蒲鉾の材料となる白身魚は、昔は非常に高価であり、白身魚で作る蒲鉾もまた
 ご馳走でした。海のない地域にも流通可能であるほか、生ものよりも保存がきく
 高級な海の幸と考えられていました。
 「数の子」
 ニシン(二親)から多くの子宝と子孫繁栄を祈るお目出度い品
 数の子沢山の卵が詰まっていることから、子沢山・多産・子孫繁栄への願いが
 込められています。
 「伊達巻」
 昔は大事な文書や絵を巻物にしていたことから、知識を増やす縁起物
 伊達巻き蒲鉾と同様、白身魚を原料とし、卵を混ぜることで黄金色になること
 から、豪華で見栄えが良く神様への供物としてふさわしいと考えられていました。
 巻いている形状から反物(着物の布地)を連想させ衣装に困らない、繁盛・
 繁栄の願いを込めたという説、巻き物として文化的な繁栄を願ったという説など
 があります
 「昆布巻き」 
 「よろこぶ」にかけた縁起物、健康長寿を願いながら。
 昆布巻き「よろこぶ」という語呂合わせと、「子生婦(こんぶ)」という字をあてる
 語呂合わせがあります。 一家の幸せと、子孫繁栄を祈ります。
 また、昆布はひろめとも言われたので、世間に名が広まる=立身出世との願い
 も込められています
なます  お目出度さを紅白で表した、箸休めもある。
 紅白なますの紅白は、おめでたさの象徴としてお祝い事全般に使われます。
 熨斗などに使われる紅白の水引きを表わしているという説もあります
 「田作り」
 五穀豊穣を願い小魚を田畑にまいたことか期限の祝いの肴
 ごまめ(田作り)かたくちいわしの稚魚は、昔、肥料として使われ、ゴマメ(五万米
 =ごまめ)とも呼ばれています。
 田作りという名称もごまめと同様に、片口いわしの干物を田んぼの肥料に使って
 いたことから来ています。 豊作の願い豊作を祈願する食べ物です。
 橙(だいだい)言葉から連想されるように、代々家が栄えるようにとの願いが込め
 られています。
 「えび」
 長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きするこを願う。
 海老ヒゲが伸び腰が曲がっている姿から、えびを老人に見立て「腰が曲がるまで、
 ともに長生きするように」という長寿への願いが込められています。
お煮しめ  家族が仲良く一緒に結ばれるようにと願いが込められています。
 里芋は、1本の苗から沢山の小芋が収穫できるという所から子だくさんの象徴
 とされ、子孫繁栄多産への願いが込められています
ごぼう  端鳥を表したといわれるごヴぉう、豊作と息災を願う。
いくら  子だくさんの願いを込めたあざやかなおせち華
活アワビ   めでたいことが長く続くこwとを願う。
ひょうたん漬け  縁起の良いお漬物
千枚漬け  大きなかぶらを洗米にするほど薄くきることが由来
松前漬け  お金を「お足」と呼ばれることから、するめを和えた正月料理
たまごやき  錦玉子黄色と白は金銀を表わし、財宝や富の象徴とされました。
 れんこんの穴は、「将来を見通せるように」という願いが込められています。


 正月の旅行

 「新年は、旅行先で迎える・迎えたい」
 国内・外を問わず計画を考える思う人は多いと思います。
 海外旅行や飛行機を使うプランなら、半年前の予約でも確約されますが、JRだと旅行代理店経由でも
 確約されるのはjrの予約システム上で1ヶ月前になります。
 ホテルだけの予約は半年前予約も可能ですが、車移動は往復の大渋滞を考えると辟易します。

 ・旅行で注意することは、毎年の年・月の凶方位(往復)だけは避けるようにします。
 ・正月1・2・3日は、お店が閉まっていることが多いので、夕食の予約だけは必ずしておくこと。
 ・年越しから年明けの旅行では、おせち料理を予約することで気分も変わります。
 ・車は、現地調達(レンタカー)が楽ですが、予約は早めにするのベストです。

 1ヶ月前の直前予約では、ホテルや交通手段が取れないケースもあります。
 大方が年越しを考えますが、年明けでっ計画を練り直すと予約が可能な場合も多々あります。
 元旦の早朝での空き状況を再チェックしてみて下さい。
 お勧めは、1日(元旦)の早朝出発であれば、少ないですが交通手段の空席があると思います。
 希望する宿泊は微妙ですが、クラスを選ばなければ空室もあると思います。
 旅行代理店経由なら、交通手段も宿泊先の組み合わせも簡単にチェックできますのお試しあれ。

 元旦出発の例
 ・氏神様への初詣が出来ます。
 ・年越しの割高料金が下がり、差額分を宿泊費や食事に振り分け内容充実を図れる。
 ・早朝出発は、年越し前より乗車がさほど混雑していない。
 ・早朝出発なら目的にも午前中につき。昼前後までに初詣が出来る。
 ・宿泊先に荷物だけ預け、チェックインは初詣を終えてからすれば込み合わずに済む。
 ・荷物を預ける際に夕食の時間帯の確認は必ず行う。

 正月旅行の旅行代理店での予約時の注意点2〜3。
 ・交通手段と予約
  1) 往復の乗車(搭乗)時間は、第3希望くらいまで幅を持って予定を組みます。
  2) 往路は、始発から3番目くらいで予約を組む。
  3) 帰路は、到着時間が通勤時間帯を避け逆算して予約を組みます。

 ・宿泊と予約
  1) 禁煙・喫煙の別・広さの確認・向き(山側・海側など)は忘れずに確認する。
  2) 朝食・夕食は、必ず予約を行います。
   ※正月の三が日は、ホテル内レストランは宿泊客の予約が優先になります。
   ※朝食・夕食とも、和食(「おせち」があれば)を申し込んでおきます。
   ※連泊でも気の利いたホテル・旅館なら、メニュー内容は変えるはずです。
   ※外食は、予約をしていないと断られるケースが多いのに注意。

 ・予約が取れた以降、筆者がよく行うこと。
  ・予約したホテルに確認のメールを送ります。
   内容は、
   ・宿泊予定日とチェックアウト日。
   ・当日のチェックイン予定時間 
   ・到着時にチェックイン時まで荷物を預かって欲しい旨
   ・食事の予約の確認
   ・喫煙の有無
   ・客室の高層階と景観のある部屋を希望
   ・当日・リピーターであれば、〇年〇月宿泊した旨も書き添えます。
    ※大手代理店やリピーターであれば希望に添ってくれるケースが多い。

 当日について
  ・フロントで予約者の名前を伝え、荷物を預けます。
   その際にチェックイン時間を伝えておくと、部屋まで荷物を運んでおいてくれホテルもあります。
  ・初詣その他で、時間が遅れるようであれば、電話を入れておく。
  ・食事の予約をしていれば遅れる旨をレストランに伝えてもらう。
  ・チェックイン時は、食事の確認を忘れずに行う。

 移動について、
  ・お正月や祭日は、大渋滞を避け、電車や地下鉄を予定する。
  ・宿泊先は、駅付近が移動に楽ですが、景観のない宿泊先は魅力も半減します。

 以上が、お正月や通常に旅行する時の注意点です。

 食事について、
  ・メニューで、和食だと松・竹・梅が基本コースですが、食材の違いが出るのは「松」です。
   ※参考までに、食材の原価は設定料金の30〜20%前後です。






【日本旅行】私のこだわり☆温泉宿を検索!
正月事始め
inserted by FC2 system