開運さんぽ

 スマホやPCのウィルス対策やプライバシーを軽るんじてる人が多い






シマンテックストア

Microsoft Surface Proシリーズ
パソコン工房
 
ウィルス対策(セキュリティ)  
 情報セキュリティ10大脅威 2016(情報処理推進機構

 「情報セキュリティ10大脅威 2016」個人・組織別 順位(情報処理推進機構)
※( )内は総合順位・(−)は総合順位ランク外
 2015年において社会的影響が大きかったセキュリティ上の脅威について

(情報処理推進機構)
 セキュリティリスクの中でも個人が標的となるケース
第1位 インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用
 ウイルス感染やフィッシング詐欺により、個人および組織から情報を窃取し、本人になりすました不正送金や利用が行われた。2015年は攻撃対象が拡大し、地域の金融機関も標的となった。
第3位 ランサムウェアを使った詐欺・恐喝
 悪意あるプログラムによってPC内のファイルが閲覧・編集できない形に暗号化され、ファイル復元の身代金として、利用者に金銭を要求される被害が増えている。このプログラムを「ランサムウェア」と呼ぶ。2015年には、これまでの不自然な日本語から一転して流暢な日本語でメッセージが表示されるランサムウェアが登場する等、多言語対応等の感染手口の巧妙化が見られた。
第7位 審査をすり抜け公式マーケットに紛れ込んだスマートフォンアプリ
 スマートフォンにインストールしてしまった悪意あるアプリにより、スマートフォン内の情報が窃取されてしまう。これまでは、悪意あるアプリの被害を回避する対策として、公式マーケットからアプリを入手することが有効であったが、公式マーケットに悪意あるアプリが紛れ込む事例が発生している。
第9位 巧妙・悪質化するワンクリック請求
 アダルトサイトや出会い系サイトといった有料サイトや、セキュリティソフトの購入推奨等の金銭請求画面が表示され、金銭を不正に請求されるワンクリック請求の被害が発生している。スマートフォンのシャッター音を鳴らす、自動的に電話を発信させるといった、被害者の不安や焦燥感を煽り、支払いを誘発させる巧妙な手口も出現している。
第10位 脆弱性対策情報の公開に伴い公知となる脆弱性の悪用増加
 2015年も広く利用されているソフトウェアの脆弱性が公開された。一方、セキュリティ情報に対して関心が低いシステム管理者や利用者も多く存在し、セキュリティ意識の格差が生じている。攻撃者は対策がなされていないシステムやソフトウェアを狙ってくる。脆弱性対策情報の公開から早い時期にその脆弱性を悪用される事例が現れている。システム管理者や利用者は日頃から情報収集や、対応方法の検討をしておく必要がある。

シマンテックストア
  OCN マルウェア不正通信ブロックサービス ※イメージ画像

 

※上記、マルウェア不正通信ブロックサービスの対象になる、OCN光・OCNモバイル。


 個人情報の管理と流出防止

 スマホやタブレットで利便性を追求するほど、個人情報の流出度が高くなる。
 端末に蓄積されるデータは、以下の通りです。
 指紋・顔認証などを利用すれば、それもアカウントに結び付けられる。
 何処まで許容するかは、個人の判断に委ねられます。
 スマホ・タブレットを購入したら、「設定画面」から各種の許可・不許可を行って下さい。

 各社のプライバシーポリシー   ※個人データの商用利用の範囲が記されています。
アップル
iOS
マイクロソフト
Windows
グーグル
android


 ウィルス(セキュリティ)対策の基本

  1)OS・セキュリティソフトのアップデートは最低でも毎月1回は確認する。
 2)Cookieの「常に許可」は避ける。
 3)履歴の消去
 ※)サポート期限切れのOS・アプリの使用は感染リスクが高くなるので使用をやめる。
 ※)企業のサイトを閲覧すると、Norton のマークはかなり見かけます。

ノートン世界シェアNo.10バナー

 

 ※スマホ
 ※タブレット

inserted by FC2 system